So-net無料ブログ作成
検索選択

「ネクスト・トゥ・ノーマル」パープルDay&出待ち(9/19) [ミュージカル]

Next2N_part_IMG_2040.jpg
9/19(木)の「ネクスト・トゥ・ノーマル(Next to Normal)」(以降、N2N)の続きです。
この日はパープルDayというキャンペーンの対象日でした。

毎週木曜日は日本初上陸記念キャンペーンのひとつ「パープルDay」ということで紫色の服装で観劇すると先着100名にプレゼントがもらえたり、終演後に「パープルDay Photo on Stage」という、N2Nのステージ上での写真撮影に参加できたりするというものです。

参加の条件は「紫の服装」であって、ネイルや小物類は対象外ですが、ついでにネイルもパープルにしてみた私です。

仕事帰りだったので、早めに行くことができず、入り口右手の受付カウンターに行った時は、グッズはもう終了とのことでした。でも終演後の写真撮影は参加できるとのことで、細長い申し込み用紙をもらいました。その場では記入せず、撮影時までに名前と住所を書きます(お金も撮影前に払います。500円)。私の番号は53番でした。グッズは先着100名までなのに、それを過ぎているはずの時間に53番。ということはグッズのみで写真は撮らずに帰る方も半分くらいいたということですね。それは意外!

終演後、20番ずつ、「1番から20番の方はこの辺に〜」的な案内で客席の指定された場所で待ちます。カメラマンは私が座っていたあたり(11列15番だった)に三脚をもってきて、追い立てられるように(別に感じ悪くされたわけではなく、私がもたもたしていたので)移動しました。

20番ごとに、明るい空色のスリッパにはきかえてステージ上へ。後ろの列用に細い台があるのですが、それは7人用ということで、1〜20番の組は後ろに7人、前は左右に2人くらいずつはみ出していたので18人前後。カメラマンのおじさんが結構こだわりがあり、「あなたもうちょっとこっち」というんだけど、遠いので誰のことを言っているんだかよくわからない(笑)。シアタークリエのスタッフの方もどう配置を指示したらいいのか戸惑っていました。

21〜40番の組は、1列目と2列目が同じくらいの人数ですごく少ない感じがしました。14〜5人かな。

そして私は最後の組。41〜63番までいました。だからちょっと多めでした。小さい女の子がひとりいて、その子がセンター。可愛かった。

ステージにあがって振り返ると、今観たばかりのN2Nのセット。両脇の袖のところは縦長の黒くて細いビニールカーテン的なものがずらっと並んでいて(のれんのようなものだけど床までついている)ここから出入りしてたんだなーとか。あんまりじっくりは見れなかったけど、貴重な体験でした。

写真は後日郵送されるとのこと。どんなできばえか楽しみです。

次回は9/26(木)のそれぞれの昼夜公演で行われます。ご都合がつく方は是非!詳しくは以下の公式ページへ。

◆ネクスト・トゥ・ノーマル 日本初上陸記念キャンペーン 公式ページ
 http://www.tohostage.com/ntn/campaign.html


◆出待ち
写真撮影を待つ間、たまたま隣にいた女性(Next to meですね。笑)と話をしていて、いったんは別れたのですが、もう出待ちは無理だろうと思ったら結構人がいたのでなんとなく行ってみたらさっきの女性とまたばったり。で、おしゃべりしつつ、ペンまで借りて一緒に出待ちしました。

楽屋口から2列くらいで並んで待っていると、ほどなく小西遼生さんがきて、なんとひとりひとり手を握りながら話を聞いてくれるのです。私も並んで待っていて、先にサインをもらい、握手しつつ「「スリル・ミー」も観ました」とか、互いに見つめあいながらお話しさせてもらいました。美しい・・・。私のところを通り過ぎた頃、松下さんが小西さんのところに小走りできて「お疲れ〜」みたいな感じで帰っていきました。可愛い。そして、そのあと新納さんも出てきました。ツバのある帽子に大きいサングラス、靴は金色とおしゃれ〜。新納さんもサインと握手をしてくださり、お話もさせてもらいました。サインの時、宛名を書いてくれようとしてToと書いたあと「お名前は?」と聞かれたので下の名前を言ったらひらがなで書いてくださいました。カッコ良かった〜。

シルビアさんも出ていらっしゃったのですが、最初の方の人は少しお話してたみたいですが、「それじゃさようなら」みたいな感じで手を振って(?)帰っていかれたので呼び止めませんでした。そこで前の方で待っていた人も帰り始めたので、岸さんと村川さんはもう出られていたのかも。時間も遅かったのでそれ以上待たずに引き上げました。

出待ちの間、写真撮影で出会った女性と話していて、私のスマホの待ち受けが「アリス・イン・ワンダーランド」で猫の役をやった時のカッキーだったのをみて、「カッキーだ」とすぐ反応。なんと、カッキーのファンでファンクラブにも入っているとのこと。きっとこれまでもどこかでニアミスしてたかも。思いがけない出会いでした。


◆「Next to Normal」ブロードウェイ版CD
Next to Normal

Next to Normal

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Ghostlight
  • 発売日: 2009/05/12
  • メディア: CD


◆ブロードウェイ版台本(英語)
Next to Normal

Next to Normal

  • 作者: Brian Yorkey
  • 出版社/メーカー: Theatre Communications Group
  • 発売日: 2010/07/20
  • メディア: ペーパーバック



◆楽譜
Next to Normal for Piano/Vocal/Chords: Vocal Selections

Next to Normal for Piano/Vocal/Chords: Vocal Selections

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: Alfred Pub Co
  • 発売日: 2009/11
  • メディア: ペーパーバック



コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:演劇

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。